KAJIKAWA Band
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

表裏がない捩れ構造におけるシナジェティクス・モデルの生成

KAJIKAWA Bandの作り方

KAJIKAWA Band

表裏がない捩れ構造におけるシナジェティクス・モデル

[A4サイズ 3枚セット 解説書付き]

特開 2012-127983
------------------------------------------

一つの円は、360°である。
二つの円は、720°で統合されないように互いに干渉する。
ロープを使用して、連続した2つの円を描くことができる。
一つのノット(瘤)の内角は、360°である。
連続的に二つのノットを形成すれば720°のノットが可能になる。

私は、2つのノットの始点と終点を結合して
物理的に統合すること(linking)に挑戦したのである。

正4面体の内角の総和は、720°である。
1989年、ついに正4面体の各稜線を中央線で切り離すと、
連続した捻れた(twisting)一つのループに還元されることが発見された。
また、二つのループを連続させて規則的に捻れた一つのループから、一つに統合された正4面体に変換できることも実証された。

KAJIKAWA Bandは、
ノットが他のノットまたはノット自体を消滅させるための
新たな空間構造である。

KAJIKAWA Bandは、
正4面体状ノットに変換されたトポロジーモデルである。

KAJIKAWA Bandは、
外部と内部を形成する最初の720°のノットである。

正4面体状のKAJIKAWA Bandは、表裏のある捩れた輪(twisting loop)に内在された表裏のない初源的な最小限の捩れ構造(primary twisting structure)である。


                  解説 梶川泰司

------------------------------------------
※発送は毎週火曜日となります。注文のタイミングによっては1週間ほどお時間を頂くことがあります。ご了承ください。

¥ 1,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送料込み

    全国一律 0円

※消費税込み

※送料込み